SLBマーク

SLBマーク

お肌の健康的な循環を追求したオプティモ独自のコンセプト-Skin(肌)、Layer(層)、 Blossoming(活発化)- で研究・開発された商品かつ、3つのアクティブ素材を、規定値以上配合した商品に付与されるマークです。
健康的なお肌に着目し、オプティモコンセプトでお肌の基礎を良くする事にこだわりました。

※SLBマークは、オプティモ商品のパッケージ(外装/箱)に掲載されています。
※SLBマークは、弊社の厳しい基準をクリアした商品にのみ付与されます。

Skin(肌)
Layer(層)
Blossoming(活発化)

optimoは時間と向き合う化粧品

奥深くの層へアプローチ

奥深くの層へアプローチ

お肌の表面のみのケアでは限界があり、ダメージからお肌を守る事で精一杯です。
お肌の能力を最大限に引き出すためには、本来の活力あるお肌になれる事が重要であることが解明できました。

お肌のターンオーバーを促進

年齢と共に遅くなってきたターンオーバーを活性することで、明るいお肌へと導いてくれます。

しかし、悪い環境(大気汚染、黄砂、PM2.5など)、着用するマスクによる肌へのダメージ、生活習慣によるホルモンバランスの乱れにより、肌の状態が悪くなり、炎症が起こっている状態の方も多いようです。
コシロノセンダングサ(学名:Bidens Pilosa)はアレルギーや炎症を抑えてくれる古くから使われている沖縄県のハーブの一種で、お肌の状態を整えてくれます。

肌のターンオーバーを促進
抗酸化で若々しいお肌へ

エイジングケアで若々しいお肌へ

幹細胞エキス(カルス培養エキス)はお肌の水分保持能を上げてくれるだけでなく、若々しいハリのあるお肌へと導いてくれます。
土台整理、循環活性、これらの要素が一つの力になってSLBコンセプトが完成します。
時間と向き合う化粧品として、毎日SLBコンセプトのスキンケアでお肌をケアしてあげる事で、毎日笑顔のあるお肌を目指しています。

Stem Cell (幹細胞)
LPS (リポ多糖)
Bidens Pilosa
(コシロノセンダングサ)

SLBは、3つの素材の頭文字でもあり「Stem Cell(幹細胞)」「LPS(リポ多糖類)」「Bidens Pilosa(コシロノセンダングサ/ハーブ)」の独自ブレンドで、 「使用感」 「浸透感」 「体感」を高めてくれる自社開発素材で構築されています。 

Stem Cell(幹細胞)

Stem Cell (幹細胞)

幹細胞とは全ての細胞の元となる細胞の事です。
植物幹細胞はこれから根や葉などに発達していく前の未分化の細胞です。
植物幹細胞は植物をカットした時にできる生体防御反応からなるカルス細胞です。
若々しくあり続けるために、疲れた肌を元気づけるために、注目されているの成分の一つです。

LPS (リポ多糖)

30年以上の免疫の研究の結果、行きついた最新素材というのがパントエア菌LPS(リポ多糖)。
LPSとは、リポポリサッカライド(Lipopolysaccharide)の略であり、日本語では「リポ多糖」または「糖脂質」と呼ばれています。LPSは自然の中の土や木、植物や食品、空気中に存在しているパントエア菌から抽出された物質です。水溶性と油溶性の両方の特徴を持つ「両親媒性」の物質で角層まで届いてくれます。現在は、健康の維持や美肌効果など様々な働きが解明されています。

詳しくはこちら
LPS(リポ多糖)
Bidens Pilosa(コシロノセンダングサ/ハーブ)

Bidens Pilosa (コシロノセンダングサ/ハーブ)

沖縄県宮古島の自社農場で丁寧に栽培された、驚異のハーブ、ビデンスピローサ (コシロノセンダングサ)。肌の土台を整えてくれるハーブです。